当ページのコンテンツ内容

BOND倶楽部について

PDF版のカタログはこちら


4Gデータカードレンタルサービス

モデムレンタルご利用はVidiUファンホームページよりお願い致します。http://vidiu-fan.jp

Sputnikレンタルサーバーサービス

BOND倶楽部の会員は会員ページから自由にボタン一つでCloud上に配置されたSputnikサーバーを起動し、ライブ配信を始めることができます。配信状況もボタンひとつで見やすく表示されます。サーバーの利用料金はサーバーの稼働時間と、配信データ量に応じた従量制となっています。



課金例:2.0Mbpsで1時間の配信=1,000円


料金体系はこちら→

Sputnikサーバーの説明はこちら→



※ご注意事項

  • Sputnikサーバーから配信できるデコーダークライアントの数は最大3個までとさせていただきます。それ以上の接続を行った場合、一方的にサーバーを停止させていただく場合があります。
  • 通信量の課金はSputnikサーバーからデコーダークライアントに送信をしたデータ量の合計に対するものです。例えばの3つのデコーダークライアントに送信した場合の料金は3倍になります。
  • Sputnikサーバーにはサーバー障害発生時に自動復旧するしくみを用意していますが、復旧には数分かかる場合があります。障害のない安定運用に鋭意努力を注いでいますが障害発生確率は0にすることはできないことをご理解ください。
  • 障害時の電話対応は土日祝日を除く10:00~18:00とさせていただきます。

※固定IPアドレスオプション

オプションサービスとして固定IPサービスが利用できます。通常Sputnikサーバ起動毎に変化するIPアドレスをこのオプションを利用することで常に固定のIPアドレス割り当てて利用できます。固定IPサービス申し込み後に取得するIPアドレスを固定IPとして利用します。Sputnikサーバ起動時に固定IPアドレスを申し込まれた場合は現在起動中のSputnikサーバのIPアドレスが固定IPアドレスとなります。通常通りSputnikサーバを起動すればCUBE側の設定を変更することなくすぐに配信が可能となります。


料金体系はこちら→

お役立ち情報続々

Bond/Cubeの設定方法を詳しく書いたマニュアルやBondの体験記などのお役立ち情報をタイムリーに掲載します。BOND倶楽部は今後、撮影者(カメラマン)とライブ配信者(テレビ局など)をつなぐSNSへと成長する予定です。今後の展開にも乞うご期待。

Bond/Linkとは?

BondTM/LinkTMは米国Teradek社が提供する無線映像配信機器です。複数の3G/4Gデータカードを使ってカメラで撮影した映像をインターネット上に用意したサーバーに向けて送信することができます。映像と音声の圧縮には同社のCubeTMを使います。どちらも同じトランプサイズのコンパクト設計で、カメラの上に簡単に据え付けることができ、バッテリーで動作します。高価な衛星中継車と衛星回線を使用することなく、FullHD映像のライブ配信がいつでも可能になります。

Sputnikとは?

SputnikTMはBond/Linkが複数のモデムカードに分散して送った映像データを受け取り、時系列に並び替えひとつの映像・音声ストリームとして再構成してデコーダーに再配信します。配信のフォーマットはMPEG2-TSまたはRTMPが用意されていて、CubeデコーダーやUstream/ニコ生などのCDNへの配信が可能です。BOND倶楽部会員はCloud上に用意されたSputnikサーバーをいつでも会員ページからボタン一つで起動して使用することができます。

Teradek機器のご購入は国内代理店から

Bond/CubeなどのTeradek機器のご購入は国内代理店からお願いいたします。海外からの個人輸入などの場合はBOND倶楽部入会時に入会金が必要になります。


国内代理店へのリンク


Teradek製品日本語カタログ(キャムキャスト7様提供)


下記のリンクをクリックしてから「カタログ」とかかれたタグをクリックしてください。(すべてPDFです)





広告バナー